Pinzolo

Edit me in the Theme Customizer

オイルパン

オイルレベルの点検は、エンジン暖機後の停止状態で行なう。エンジンオイルは、温度が変わると体積が変化します。
エンジンオイルは、温度が変わるろ体積が変化します。たとえば、温度が高くなると膨張し体積が増えて、オイルレベル
が高くなります。さらに、温度が変わると粘土も変化して、エンジン停止後の一定時間にオイルパンにもどるオイル
量が違ってきます。もどるオイル量が違うと、当然、油面も違ってきます。オイル温度が低いと粘土が高くなり、
オイルは流れにくくなります。したがって、一定時間にオイルパンにもどるオイル量が少なくなり、一定時間後の
油面が低くなります。したがって、点検時のオイル温度を同一にする必要があります。そのオイル温度を同一にできる
条件はエンジンが暖機状態であることです。補充時も同じことが言えます。オイルパン内のエンジンオイルは、エンジン
作動時には潤滑系統からエンジン各部に送られています。

レクサスNX 値引き

実際にインターネット上で一括査定実施後…。 arrow-right
Next post

arrow-left 事故はなくならない
Previous post