Pinzolo

Edit me in the Theme Customizer

今住んでいるところは田舎で、私が幼い頃小学生、中学生の頃に遠足に来た所です。
引っ越してきたときは、地方局のテレビが流れているのを聞いて旅行に来ているような
錯覚を起こしそうでした。

幼い頃住んでいた所では田んぼを見ることも、カエルが庭に出てくることも無かったですから。
庭に鳥かごを置けば蛇がでるし、イタチがゴミバケツに落ちてしまったり、車を運転してると夜に狸を見たり
バス停の近くの木に啄木鳥が巣を作っていたり、なんだか書いていると野生の王国(それほどでもないですが)?

自然が今更ながらいっぱいと感じられます。鶯やヒヨドリ、ヤマガラやメジロは当たり前のようにやってきます。
近くの川には白鷺やゴイサギが、またちょっと離れた池にはカルガモ、そしてカワセミ。

自然が破壊されて今やカワセミは清流に住む鳥では無いそうで、でも池ならましかな?
幼い頃そういう鳥や動物を見た時、その頃はトノサマガエルでさえ美しいと思ったものでした。
残念ながら、その頃の感動はなくなりました。大人になったと言うことでしょうか?

来た頃は鳥達を眺めていたのに、もう一度バードウォチングして見ようかな?公式サイトはコチラ

車査定では複数社に見積りを出して相場を見よう arrow-right
Next post

arrow-left 20代の若い2人だから
Previous post